栄養補助食品って何?

栄養補助食品って何?
www.i-hate-cooking-recipes.com

栄養補助食品って何?

健康のためには1日30品目を摂ろう、といわれていますが実行するのは難しいですよね。忙しくて朝食を食べる時間がなかったり、ジャンクフードで済ましてしまったり、飲み会が続いたりなど。そんなとき栄養を摂るのに役立ってくれるのが栄養補助食品です。コンビニやスーパーで手軽に入手できるので、ぜひ食べてみて下さい。

「栄養補助食品とサプリメントって同じものなの?」
栄養補助食品とは、英語でsupplement(サプリメント)といって、補助や補足を意味しています。つまり、3度の食事で摂り切れないビタミンやミネラルなどの栄養を補ってくれるというもので、カプセルタイプ、錠剤タイプ、飲み物タイプがあります。カプセルや錠剤という見た目から、お薬のようなイメージを持たれるかもしれません。けれど栄養補助食品はお薬ではなく、食べ物なので安心して食べて下さいね。

「栄養補助食品の食べ方で注意することって?」
栄養補助食品には栄養があるといっても、あくまで補助してくれるだけ。そのためバランスのよい食事を摂ったうえで、それでも不足している栄養を補うものと考えて下さい。食べるときは常温のお水、またはお湯と一緒に食べて下さい。緑茶に含まれているタンニン、コーヒーに含まれているカフェインには吸収を阻害させる作用があるからです。

1日○粒を目安に、と表示してありますが食べる時間は書いていませんね。時間は決まっていませんが、ビタミンとミネラルは食べ物が消化されているときに食べると、吸収率がアップするので食後がおすすめ。カルシウムはアルカリ性なので消化不良を起こしやすいため、食前、または寝る前に食べましょう。満腹感を得やすくするダイエット系は食事の30分から60分前、食後の脂肪吸収を抑制するものは食後すぐが良いです。

栄養があるのなら、たくさん食べたくなるものですが、たくさん食べたとしても病気が治ることはありません。なかでもビタミンA、Dは食べすぎると、深刻な健康への害が出てしまう可能性があるので摂取目安量を守りましょう。また、お薬を飲んでいる人は、事前に医師に相談して下さい。飲み合わせによってはお薬の効果を低下させてしまうからです。

栄養補助食品はお薬ではないから、すぐにハッキリした効果を感じられないかもしれません。まずは2週間から1カ月ほど食べ続けてみて、体調の変化を感じてみて下さい。

サプリメントの主な効果は?サプリメントってお薬?

copyright(C)栄養補助食品サプリメント